カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

シルクスカーフの洗濯方法(洗い方)

シルクスカーフの洗濯方法(洗い方)について。

基本的には、クリーニング専門店でのドライクリーニングをお勧めいたしますが手洗いも可能です。ご自分で手洗いをされる場合は下記の点をご注意下さい。

1・使用する洗剤について。

可能ならばシルク専用の洗剤、おしゃれ着用洗剤がベストですが中性洗剤でもOKです。

2・色落ちのテスト

洗濯に使用する洗剤を原液で白い布に染み込ませてシルクスカーフの目立たない場所を軽く叩きます。これで色落ちするか確認してください。この時に擦るのは厳禁です。必ず軽く叩いてください。

3・洗剤液を作ります。

シルクは高い温度では色落ちしやすい素材です。20度位のぬるま湯が良いです。洗面器にぬるま湯を入れ洗剤を適量溶かします。

4・洗い方

必ず1枚ずつ入れてください。端からそっと洗面器に入れ、アコーディオン洗い、または振り洗いをします。絶対に布を擦り合わせてはいけません。

5・すすぎと柔軟仕上げ

軽く手のひらで絞ります。雑巾を絞る様に脱水するのは厳禁です。デリケートな素材ですのでそっと絞ってください。水を替えて2度ほどすすいで下さい。その後綺麗な水に適量の柔軟仕上げ剤を溶かし、スカーフをアコーディオン洗い、または振り洗いで柔軟仕上げをします。

6・タオルを使って乾かします。

スカーフを白いタオルの上に乗せ、もう一枚の白いタオルをスカーフにがぶせます。軽く押し絞りをして水分を取ります。この時絶対に擦らないで下さい。

7・アイロンをかけます。

生乾きの状態でアイロンをかけます(乾いてからかけると小さなシワが取れにくくなります)。スカーフの裏からかけます。シルクツイルは中温のドライ、シルクシホンは低温のスチーム、化繊は低温のスチーム、形を整えながら、強く押し付けないようにそっと浮かすようにかけて下さい。

8・陰干しをします。

スカーフを裏返して風通しの良い室内で陰干しをして完全に乾かします。シルクは吸湿性に優れた素材ですので完全に乾いてから仕舞わないとカビてしまうことがあります。

以上が洗い方です。大切なシルクスカーフです。洗う時には自己判断で注意して行ってください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007147&eid=2